対策方法|生理前の肌荒れを防ぐ

生理前の肌荒れ対策の基本中の基本を解説!!

生理前には黄体ホルモンが増加し、その影響により皮脂の分泌が多くなり肌荒れしやすくなる他、PMSとして知られるイライラや倦怠感、肩や腰の痛みなどの生理前の不調が表れやすくなります。

 

そういった生理前の肌荒れを防ぐには保湿に加え、ストレスや睡眠不足によってホルモンのバランスを乱れさせないようにすることがまず大切です。
この他にも大豆食品に含まれるイソフラボンはエストロゲンと似た作用があるため、PMSの緩和に役立ち生理前の肌荒れ予防が期待できます。

 

このためここではこれら3つの対策について詳しく述べます。

 

肌荒れ対策で基本となる保湿について

生理前に限らず全ての肌タイプにおいて保湿は基本です。

 

しかしながらこの時期には肌が敏感になりやすいため、美白やエイジングケアといった刺激の強い化粧品は控えるようにします。
そのかわりに保湿に特化した油分が少なめのシンプルな処方の化粧品でケアをしますが、紫外線対策はしっかりと行います。
また洗顔では皮脂をしっかりと落としますが、洗いすぎは肌の乾燥を招くため洗顔は1日2回にとどめます。

 

ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスを乱れさせないようにする

肌荒れを防ぐためには保湿が重要ですが、肌荒れを引き起こす最大の原因はストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れです。

 

このため日頃からストレスを溜めないようにし、規則正しい生活で十分な睡眠をとるよう心がけます。
最低でも6時間以上の睡眠により十分な成長ホルモンが分泌されることで、肌や内蔵が修復され、免疫力も高まるため肌荒れ予防につながります。
これに加え日頃から就寝時間を一定にすることで成長ホルモンの分泌がスムーズになります。

 

大豆イソフラボンを摂取してPMSを和らげる

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た作用があり、PMSの緩和に役立つと考えられている他、エストロゲン低下を防ぎ老化を遅らせることにつながります。
大豆イソフラボンを含む代表的な食材は次のとおりです。

  • 豆腐
  • 納豆
  • 豆乳
  • きな粉

しかしながら、大豆イソフラボンは摂り過ぎても害を及ぼす可能性があるため納豆は1日1パック、あるいは豆腐であれば1日半丁を目安に摂るようにします。

 

まとめ

肌荒れ対策には十分な睡眠が必要ですが、生理前は黄体ホルモンの影響で眠れないということもあります。
こういった場合にはアロマオイルを取り入れる、好きな音楽を聞く、ストレッチをするなどによって自律神経を整えてリラックスするよう工夫します。